2014/07/18

恩師に送って、喜んでいただけた気がするー。

Pocket

↓思い出。

こんなことを言っては何なんですが、
ボク、高校の時すごく勉強をしなかったんですよ。

県内でもまあまあの進学校だったんですが、
国語以外はほぼ底辺にいましたね。超ウルトラバカです。
国語だけはどういう訳かまあまあできたんです。

サッカーは続けていたんですがまだ良い方で、
あとはバイトやったり適当に遊んだり
なんか今よりずっと無為に過ごしていたなー、と思います。
それはそれで楽しい思い出ではあるんですけどね。

実は高校の時の恩師とFacebookでつながっていまして、
高1の時の担任の先生に先日の本をお送りしました。

その先生にはクラス有数のバカたちと一緒に(笑)
高1の夏休みに数学の補講をやってもらい、
赤点ながらまあなんとかなった、ということがありました。

高1から高2に上がるのが一番やばかったんです・・・。
引きますよね(笑)

a1150_001301

補講のことは、ボクはもちろん覚えているんですが、
先生側はなかなか覚えていないかもしれないですね。

でもそうやってお世話になった先生にご報告ができて、
あー、なんか良かったなって思いました。
多分喜んでいただけたとも思いますし。

そうそうアイツ1号が先々週に水疱瘡になったんですが、
昨日からアイツ2号にボツボツが出てきまして・・・。
そんな3連休になりそうです。

皆さま良い週末をー☆

Pocket

カテゴリー: そこはかとない話

2014/07/17

先生!それデブハラです!

Pocket

↓ぜひお使いください。

先日、ボクが書いた本を持っている姿を
FBに上げたいと白木がいうので、
ちょっと本を持っておどけてみたんです。

そしたらですね、
「坂田さん、ふくよかになりましたね」
とコメントで言われたんです。

これをおっしゃったのはある社労士さんなんですが、
全然その社労士さんをどうこうとかではなくて
(実際にお知り合いでもあります)
その方に感情的に・・・というのではくれぐれもないんです。

ただ、ボクは今開業して5年目なんですが、
開業2年目から3年目にかけて体重が激増しまして、
「これアカンやつや」と自覚して
スポーツジムにも通い、運動と食事制限で
まず10kgくらいやせたんです。

その頃から今でも朝・昼は基本的に食べていないんです。
今は週に2日くらい食べるか、食べないかという感じです。
食べないというより正確には食べものではないものに
置き換えているんです。カロリーコントロールですね。

以前は会社員時代にコレステロールの指摘などもあったんですが、
これを始めて健診でも指摘されなくなりました。

ただジムは行く時間もなくなってきたこともあって、
月謝も高いのでやめて、たまにフットサルをやるくらいになりました。

でも食事制限は続けてきたので、
リバウンドをせずに体重は保ってきたんですが、
最近筋トレをするようになって、
またそこから3kgくらいやせたんです。

つまり何が言いたいのか、というと

「俺は13kgもやせたんだ!」ということではなくてですね、
こうした自分のデブ遍歴を年に10回くらい、
指摘される都度繰り返しているんです(笑)

a1400_000293

大体、なまじっか「ふくよかになりましたね」みたいな
遠回しな表現があるのでデブは指摘されやすいんです。

これはある種残酷ですよ。
薄毛の方に「毛が抜けましたね」とか、
「輝きが増しましたねー」とか絶対言えないじゃないですか。

でもデブは遠慮しがちながら最終的にみんな言うんです。
「なんか最近、坂田育ったなー」みたいな。

この一連の言動を、ボクは今日から「デブハラスメント」、
「デブハラ」
と呼称していきたいと思います(笑)

ただ、一方でですね「デブタレ」なんて言葉があるので、
デブはデブなりに使いようもあるわけですね。

昨日ご指摘を頂いてから
「こう言われているが俺はデブじゃない」
「社会保険審査官だって総合的に勘案したら、
 デブというのまでは困難だ、と認めるに違いない、
 つまり障害手当金レベルだ」

と、事務所スタッフの意思統一をするのに
小一時間ほど使ってしまった
わけですが、
このデブということについても
前向きに捉える試みもしていきたいと思います。

元々、なぜ体重が増えたかと考えると、
動く絶対量が減ったということもあると思うのですが、
やはり加齢による筋力の衰え、というのも大きいのかな、と。

つまり言い換えると身体が欲する
カロリー等の絶対量が減ったわけです。

これはある種、エコと言えるのではないか、と。

ですからこれからは、

「坂田さん、なんか最近エコですね」
「一回り、地球にやさしくなった気がします」
「坂田さん、燃費良くなったんじゃないですかー?」
など、

そのように言われてると思い、ぜひ声を掛けられるたびに、
前向きな言葉に置き換えて捉え、
そのたびに心のなかで「ありがとうございます」と唱えて
受け入れていきたいと思います。

「燃費良くなった」なんて実に素敵な響きですね。
なかなか人間に向かって言える言葉じゃませんよ。

・・・という、どうでもいい話です(笑)

Pocket

カテゴリー: そこはかとない話

2014/07/16

セミナー打ち合わせと本できました。

Pocket

↓お求めはサイドバーからどうぞ。

9月19日、20日、21日と障害年金セミナーが日本法令さんであります。

その打ち合わせと、18日に出る書籍が刷り上がったということで、
著者分としていただいてきました。
書いた人は著者分ということで何部かいただけるんですね。
初めて知りました(笑)

book_b

せっかくなんで、一緒に書いた
安部さん、嶋田さんと共に記念撮影(笑)

はっきり言って、本当におんぶに抱っこというか、
いろんなご迷惑をおかけしながら、
ようやく書き上がったという感じです。

この本は自分一人で書いたわけではありません。
それもあってか、達成感みたいな感動とは、実はほど遠いです。

脱稿したあとも、「本になった姿を見ると、
何か違う感情が湧いてくるかな」と思っていたんですが、
正直そういうのは全くなかったです。今もないです。

ただいろんな方におめでとう、と言っていただけるので、
そういう点で特別なものなのかなと感じます。
ですので、苦労したのも事実ですし、
少しはしゃごうか、と(笑)なんかそんな感じですね。

全然関係ないのですが、事務所の資料棚が限界なので、
今度新しく棚を買ったんです。それが22日に届くのですが、
それとあまりイベント度としては変わりません(笑)

当たり前ですが、本が出ても社労士人生が終わるわけでもなく、
急に道が開けるわけでもなく、
また目の前の障害年金と向き合うだけだと思います。
なんか今回のことを通じて、それを改めて実感しました。

帰り道に安部さんといつ社労士を辞めるかという話をしました。
もちろんそういう予定はないんですが、漠然とした話です。
でも「えー!」ということが聞けましたよ。

それはぜひセミナーで(笑)

Pocket

タグ: ,