2022/03/29

再審査請求で処分変更。

Pocket

↓来年度も頑張ります。

今月、2件の再審査請求公開審理が予定されていました。

再審査請求は、障害年金の不服申立手続の第2審に当たります。
裁定請求→審査請求ときて、その次です。

裁定請求準備からここまで、およそ2年近くかかります。
ここでもし負けると行政訴訟に進むしかありませんが、
訴訟にまで進む方は非常に少なく、
進むと更に2年近くかかることが見込まれます。

ということで再審査請求は早期の請求者救済のためにも
非常に重要な手続きなのですが、
今月はめでたく2件とも請求者側の主張が認められ、
保険者の処分が変更されることとなりました。

2件とも不支給 → 受給権発生です。

こうした際は公開審理は中止、再審査請求は取下げ、
という形で処理するのが通常です。

処分変更時は、まず厚労省年金局から代理人へ電話がかかってきます。
ここで請求者サイドは初めて処分変更があったことを知ります。

変更された処分内容でこちら側がOKを出せば、
今度は保険局(社会保険審査調整室は保険局管轄)から
電話で取り下げの意向を確認されて、書類が送られてくる流れです。

ということで、スタッフから
「年金局からTEL」と言われると小躍りし、
「保険局からTEL」と言われると取下書出し忘れたかな、
と不安になります笑

ちなみに公開審理の開催場所が変わりました。
これまでは厚生労働省本省だったのですが、
ちょっと離れたところに移転したみたいですね。

霞ヶ関駅は待ち合わせする場所もドトールくらいしかなくて、
以前は厚労省内で話すこともできたのですが、
今は30分前にしか入れなくなっていたので、
ちょっと便利になるかもしれないです。

Pocket

カテゴリー: 障害年金。

2022/01/20

本年もよろしくお願いいたします。

Pocket

新年も明けて20日が経ってしまいました。

今日はこれから厚生労働省に行ってきます。
そう、再審査請求の公開審理です。

最近は取消裁決が少し減っている印象ですが、
去年も取消で受給権を得ることができました。
保険者の誤り(誤りでないことも多々ありますが)を正す!
というこの業務は、ワタクシ、とても好きです。

さて、2月は2か所で講演させていただく予定です。

・埼玉県障害者雇用総合サポートセンター さん
・川越市立特別支援学校 さんです。

こういう自治体や官公庁系は、
依頼をもらおうと思ってもらえるものではないので(ウチだけか?)
講演依頼をいただくのはとても嬉しいです。

新型コロナウイルス対策で、外出しての面談は控えているのですが、
zoomやお電話でご相談いただくこともできますので、
障害年金にお困りの方はご相談ください。

本年もどうぞよろしくお願いします。

Pocket

2021/11/05

SR第64号に記事を書きました。

Pocket

↓バタバタと。

SR(日本法令)に記事を執筆

先日、日本法令さんの専門誌に記事を書きました。
SR64

開業社会保険労務士専門誌「SR」です。
SRというのは社会保険労務士のことですね。
社労士の徽章には「SR」の文字が刻まれております。

当たり前ですが、記事を書く時にはいろいろ調べながら書きます。
その中で「思い込みだったあぁぁぁ!」ということも
しばしばあったり、またなかったり。。。

今回もいろんな資料を当たりながら、
実際にてんとうむし上尾上尾駅前の管理者に
確認しながら記事を書きました。

講演します

全然話は変わりますが、令和3年12月4日(土)に
てんとうむし上尾駅前でセミナーを開催します。

障害基礎年金を請求すると、親御さんによく言われるのが
「自分がいなくなったら・・・」ということです。

この問題に正解はないと思うのですが、
やはり事例に当たることが重要なのではないでしょうか。
ということで「親なき後問題」のスペシャリストにお話しいただきます。

チラシ

参加費は無料!です。どなたでもOKです。

同業(社労士、各支援員)の方、歓迎します。
場所は就労移行支援事業所てんとうむし上尾駅前です。
上尾駅徒歩2分です。駅から近いです。

ワタクシも障害年金のお話をさせていただきます。
お申し込みが必要なので、以下からどうぞ。

てんとうむし上尾駅前 特別講演申し込みフォーム

Pocket

カテゴリー: 就労支援。, 障害年金。