2019/09/09

東京海上ビジネスサポートさんで講演します。

Pocket

↓また近いうちやりたいです。

9/20に東京海上ビジネスサポートさんで障害年金の講演をします。

と言っても、今回はボクではなくて鈴木がします。

彼女は以前、名古屋でもお話させていただいておりまして、
今回はご指名で東京本社でお話するみたいです。

んー、自社のことながら、
それはちょっと素晴らしいですね。
ボクもちょっとやりたかったです。

ボクは先日、桶川市のアネシス就労移行支援さんで、
障害年金の個別相談会をやってきました。

ボクらの場合、障害福祉サービス事業所、自治体、
学校、医療機関などは障害年金のご相談は無償で行っています。

ただ、最近は事業会社さんがサービスを深堀するときに
こうした障害年金の知識を必要とされることもあって、
そのようなときは費用をいただいて行うのを通常としています。

結構、いろんな場面で使える知識だと思うんですよね。

詳しそうな立場なのに詳しくない、という人が多いので。
福祉とは違う側面があって、ボクらがイマイチ
福祉制度に精通しきれないのと同じだと思います。

障害年金はどっちかというと保険会社の方が相性良いと思うんですけど、
保険会社はどこも大きいからか、腰が重いように見えるんですよね。

これで何か新しいサービスができないか考えています。

Pocket

カテゴリー: 障害年金。

2019/04/08

人工骨頭置換で不支給を受けたケース。

Pocket

↓納得いってないです。

最近、肘に人工骨頭を入れている方で、
障害厚生年金の不支給処分を受けました。

初めて聞いたとき、衝撃を受けました。

これは当社が代理したケースなのですが、それだけではなくて、
個人で不支給を受けた方の審査請求のご相談、
またその他にも受けている方がおられます。

周りの社労士仲間とも話したんですが、同様のケースはなく、
こうした不支給が出るようになったのは最近ではないかと思っています。
ただ、保険者は「以前からこのように認定している」と言っています。

本当かなあ・・・
10年目にして初めて聞いたけどなあ。。。

元々、全国的に肘関節の人工骨頭や
人工関節置換の件数自体が多くなく、
股関節とは文字通り桁違いに少ないのだそうです。

ちなみに、障害認定基準には以下のように書いてあります。

国民年金・厚生年金保険障害認定基準
第3 障害認定に当たっての基準
第7節/肢体の障害 第1 上肢の障害 2 認定要領
コ 人工骨頭又は人工関節をそう入置換したものについては、次により取り
扱う。
(ア) 一上肢の3 大関節中1 関節以上に人工骨頭又は人工関節をそう入置換
したものや両上肢の3 大関節中1 関節以上にそれぞれ人工骨頭又は人工
関節をそう入置換したものは3 級と認定する。

これを見ると、肘関節に人工骨頭を入れた場合は3級としか読めませんが、
審査請求も負けましたので、認定誤りではありません。
当たり前ですが、全く納得いっておりません。

もし同じ境遇の方がおられましたら、ぜひご連絡ください。

また肘関節に人工骨頭を入れている方で、
障害厚生年金3級を受給されている方がおられましたら、
ぜひご協力いただければと思います。

Pocket

カテゴリー: 障害年金。

2019/03/13

審査請求と再審査請求の結果。

Pocket

↓良い時もあれば。

先月また今月の頭のこととなりますが、
関東信越厚生局から審査請求、
社会保険審査会から再審査請求の結果が送達されました。

2件とも処分取消でした。
請求者側に受給が認められることとなります。

この封を開けるときが一番ドキドキする瞬間です。
取消となれば事務所内で歓声が響き、
棄却だとボクは終日ブツブツ言っています。
この気持ちがなくなったときは障害年金辞めるときですね。

もちろん、今回は良かったのですが、
結果が良いものばかりではないのです。

審査請求は、はっきり言ってほとんど棄却です。
なにせ統計上、関東信越厚生局による処分取消の決定は、
例年2%ほどしかありません。

それでも今回のように毎年、取消は受けています。
今年度は2件目ですかね。
去年の統計では2000件中58件しかないので、
今年2件取消というのは良い方だと思います。

ただ、再審査請求になるともう少し上がってきます。
ウチが受けた直近の10件を見ると、
5件容認裁決、5件棄却でちょうど5割です。

行政不服審査法の改正により、審査請求後は、
再審査請求に進むか訴訟を起こすか選べるようになりました。

ただ、ほとんどの人にとって訴訟というのはハードルが高く、
社会保険審査制度が迅速な救済のための制度ということを考えると、
審査請求後にいきなり訴訟というのは理にかなっていない気がします。

Pocket

カテゴリー: 障害年金。