2017/03/17

10年年金発見!

Pocket

↓テンション上がりました!

必要な資格期間が25年から10年に短縮されます

ご存知の通り、老齢年金は25年必要だったのですが、
これが10年に短縮されることになりました。

早速、うまくいきそうです!

障害年金でご相談をいただいていたのですが、
無年金のご家族がおられるとのことで、少し調べてみましょう、と
調査をしていたところ、宙に浮いた年金記録が発見。

これをガッチャンコすると、
120月を超えることがわかりました。

そのためにウチの鹿毛が年金機構と事務所、
ご相談者の方との間を行ったり来たり。

最終的に鹿毛(とご相談者の方)の苦労が実り、
無事10年を超えて、老齢年金の支給対象になる見込みが立ちました。
あと1,2カ月で記録が訂正されて請求可能になるようです。

昭和20年代の年金記録ですからね・・・
鹿毛には本当に感謝です。

しかし・・・こうしたことは
誰がやればいいのだろうか。

年金記録が浮いているかすらもわからない。
ご自身で動くことは難しい。
そもそも年金よくわからん。

そういう方が大勢いらっしゃるのだと思います。

ウチは今回乗りかけた船だったので、
調査や記録訂正まで費用をいただかずにやりました。
本業の方で費用をいただいていましたので。

(老齢年金を請求することになりましたので、
 これについては実費をいただくことにしました。
 手続きはまだまだ大変そう)

でも当然、これを本業とすることはできないですし、
(もちろんやっていけない)
かと言って無限にボランティアで受け続けることもできません。
でもこれはおそらく社労士以外は難しいと思います。うーむ。

しばらく対象になりそうな方がいたら
声をかけてやっていこうと思っていますが・・・
どうしたらいいんでしょうね。

Pocket

カテゴリー: そこはかとない話

2017/02/27

母校の職業研究会に出席しました。

Pocket

↓懐かしかったです。

先週末は、母校である西武学園文理中学の職業研究会に出席し、
社会保険労務士とは、というお話をしてきました。

一昨年、昨年に引き続き、参加したこの企画。

毎年ながら、朝が早いんだなぁ・・・。
そうだよね、学校って朝からやるんですものね。
何時に起きるんだろう・・・。

いや、そんなこと言ってたらいけない!

中学一年生向けに仕事とは何か、
仕事を通じた社会参加の意義を感じてもらう、
という崇高な企画なのだからっ!!!

・・・8時に狭山ですか、何時に家出れば(以下略)

ということで着きました。

bunri

*これは高校です

もちろんしっかりと、社会保険労務士について話してきましたよ。

ブラック企業とか年金とか、
やっぱり耳慣れたワードは食いつきますね。
今年の子たちは皆素直でいい感じでした☆

「100人いたら何人受かると思う?」って聞いたら、
「うーん、60人くらい?」って言われて
ちょっとびっくり笑

もう少し難しいかなー。うん。

bunri2

すごい!こんなものまで!これ欲しいっ!笑

ということで貰って帰ってきました。
公開審理のとき、席に座ったら置こうと思います(ウソ)
ちなみに34っていうのはブースの名前?でした。

参加するボクらとしては、プチ同窓会でもあり、
恩師にも会える貴重な機会になっています。

また来年も参加します!

Pocket

カテゴリー: そこはかとない話

2017/02/17

冬の夜の会話。

Pocket

ある人は言う。

障害年金に携わる社会保険労務士は、
倫理観が高くなければならない。

その通りだと思う。
医師に面談して無理を言うなんて、
とんでもないらしい。

ある人は言う。

障害年金を諦めてはいけない。
無理だと思っていても、ボクらが諦めたら
誰が障害年金を届けるのか。

その通りだと思う。
いくつもの審査請求、再審査請求をしてきた。
現に今でも難しいものをいくつもやっている。

ある人は言う。

障害年金を受給できないときには、
それを伝えるのも社会保険労務士の仕事じゃないか。

その通りだと思う。
無理なものは受任すべきではないし、
それによって新しい道を探すことができる。

どれも正しいし、そしてどれも不完全なのだと思う。

開業して間もなく丸七年になる。
まだまだ人間ができておらず、
たくさんの人とぶつかり、悩み、やってきた。

その中で、少しずつ考えも変化してきたように思える。

でももし一つだけ、この仕事を選んだ意味を上げるなら、
一人でも多くの人に障害年金を届けたい。
それを通じて、その人の怒りや悲しみが晴れるなら。

これが自分にとって一番大切にしたいことだろうと思う。

ここ一年ほどずっとモヤモヤしていたことが、
この間書いた記事を通じて少し整理できてきた。

いろんなものをぶった斬ってきた頃に、少し戻ろうか。

Pocket

カテゴリー: そこはかとない話