2018/09/18

実務のないときの過ごし方。

Pocket

↓また開業日誌やりたいなー。

社労士試験も終わって、開業しようという方も多い時期ですね。

ボクも社労士としては脱サラ組でして、開業して3年目くらいに、
現況を赤裸々に語った「等身大開業日誌」というのを
同期の前ちんと一緒にやりました。

前ちんは新宿で大先生になってしまいましたが、
ボクは埼玉で変わらず、ボチボチとやっている次第です。

そんな前ちんとは、本当は今月、開業日誌的なセミナーを
やりたいねと話していたのですが、某所で皆さんご存知、
大人気の先輩社労士がセミナーをやっていた関係で、
早々に我々は勇気ある撤退を選択しました笑

最近のボクと言えば、障害年金の面談が多く
(通称:障害年金ストーム)が来まして、
各所で面談しながら、医師にお願いする意見書、
審査請求や再審査請求の趣旨及び理由を書いておりました。

当社の場合、テレワーク可能なようにしていますので、
外でも空き時間に多くの仕事ができるようになっています。

こういう実務って、やっていて楽しいんですよね。

人に会うのも好きですし、いろんなところに行ったり、
裁決や医学的な文献を読んで知識を吸収したり、
それをかみ砕いてアウトプットするのも好きです。

その結果がはっきり白黒ついて、
この業務が性に合っているんだと思います。

ただ、実務ばかりをやっていても、
「仕事に対する不安」ってあんまり解消されないんです。
仕事に対する不安というのは、極端な話、
明日あさって仕事があるかなーっていう不安です。

業務って結構波があるので、凪のような時期もあります。
嵐のときは誰でも必死にやりますので、問題は凪のときです。
その時期をどう過ごすかが、開業がうまくいくか、
事業として持続的に発展させていけるかに関わる気がします。

・・・そんな話をしようとしていたんですが、
セミナーは儚くもキャンセルとなりました笑

ちなみに、ボクはどんな風に過ごしているかというと、
来年前半から新事業を始める予定で、そのために動いています。
もちろん今やっている業務に関わる事業です。

もう少し具体的になったらご紹介したいと思います。

Pocket

2018/08/01

RIZIN行ってきました。

Pocket

↓盛り上がりました。

先日、先輩社労士に誘われて、
さいたまスーパーアリーナで行われた
RIZINに行ってきましたー。

rizin

スーパーアリーナは事務所から行けば
チャリで5分!と近いんですけどね、
スキマスイッチのLive以来でかなりひさびさでした。

格闘技を会場で見るのは初めてだったんですが、
良いのが入るとみんなで盛り上がって、
一体感ある良い雰囲気でした。
どのスポーツも現地で見るとテンション上がるのは同じです。

入場時、選手紹介の盛り上げ方も半端ないです。
これは行かないとなかなか実感できないところですね。

RENA選手がその先輩社労士のジムの後輩、
ある意味、ボクは従妹みたいなものということで笑
二人でTシャツを買って応援しました・・・が、残念でした。

絶対負けないTシャツ!を今回ゲットしたので、
これからセミナーなどやるときに着たいと思います笑

Pocket

カテゴリー: 社労士仲間。

2018/01/31

社会保険労務士からの相談。

Pocket

最近、社会保険労務士からの相談電話があるんですよ。

今日あったのは、たまたまボクが出たんですけど、
名乗りもしないで診断書の内容読み上げて「これで行けますか」と。

いやいや、どちらさんですか、とボクは思うわけですけど、
口ぶりなどこの時点で「あー、これは社労士だな」と、
シックスセンスが告げました。

これは誰の請求ですか、
お電話いただいているご本人ではないですね、とお話したところ
「知人のです、相談されたんです」と。

そこで「えっと、社労士さんですか?」と聞いたところ、
一瞬止まって「違います」と。

気になって電話番号で調べたら、
会津若松市の〇〇〇〇社会保険労務士事務所って、
もうどの角度で見ても社労士事務所じゃん!

先週は、赤羽の社労士事務所の事務員さんから電話があって、
「顧問先から聞かれたけどBossがいない」とか言って、
障害年金の基礎から教えました。納付要件とか請求制度とかですね。

どうなの?これ。

この同業者への無料電話相談はですね、
ボクはこれはしたことがないですね。

確かに、ウチは一般の方からの電話相談をお受けしています。
本当にささいなご相談も多いです。
その中で依頼になるのは本当にごくごく一部です。

でもみんなお困りですから、
できるだけ丁寧にお受けしたいと思っています。

依頼になるか、というのはボクもこれで食べている以上、
どうでもよくはないのですけど、
電話に出る時点ではほとんど期待していないので、
気軽に掛けていただいて大丈夫です笑

ただ、当たり前ですが社労士は別です。

私たちは士業として一人前っぽい顔して仕事してるじゃないですか。
そのために、多かれ少なかれ時間もお金も割いて勉強しているでしょう。
まずそこは同業者として尊重すべきじゃないですか。

名乗りもせず、どうせ無料相談だろみたいな顔して(顔は見えないけど)

「よくわかんないけど障害年金受けちゃったから、
 とりあえずネットで見つけた同業者に聞いてみよう」って、

これちょっと、仕事でやってる士業の態度じゃないぜ。

ウチの職員がそんなことしたら、
もう恥ずかしくてお天道様の下を歩けないです。

聞くなら仲間の社労士に聞けばいいと思うんですよ。
前にも書きましたけど、どうしてもわからないことはあるし、
それはお互い様なんですから。これなら持ちつ持たれつです。

どうしても電話してくるならボクも人間なんで、
せめて「わからないんで教えてください」って言って欲しい。

切なる願いです。

Pocket