2021/01/26

新しい施設を開所します。

Pocket

さて、2021年もあっという間に1か月が過ぎてしまうわけですが・・・
先日、チラッと雑誌に載りました。名刺の特集です。
月刊プロパートナーさんです。

pro

私の名刺には点字を入れていまして、
就労継続支援B型事業所てんとうむし上尾で入れています。

「点字が入ってるんですね!」と話のタネになったり、
印象に残る効果があると思っていましたが、
今回こういうお話をいただいたので、効果があるという立証になりました。

既存の名刺に入れられますので、ぜひご興味ある方は入れてみませんか。
発注いただきますと、経費を引いて全額が通所者の工賃になります。

新しく施設を開設します

さて、このたび、上尾市内に合同会社こちの2軒目となる
障害福祉サービス事業所を開設することとなりました!

「就労移行支援事業所 てんとうむし上尾駅前」です。
県の指定年月日は令和3年2月1日です。

今の「てんとうむし上尾」は、就労継続支援B型事業所として、
今後も継続して運営していきます。

今まで同様、就労移行支援に通っていただく方で、ご希望の方は、
私たちと障害年金請求を一緒に考えて進めていくことができます。
このとき、診断書代などを除いて、特に費用は掛かりません。

一人ではできないし、社労士に依頼する費用もない、という方は、
通所しながら一緒にやりましょう。行政手続を行うのも訓練になります。

お近くの方はぜひ考えてみてくださいね。
お問い合わせはコチラからどうぞ。

Pocket

カテゴリー: 就労支援。, 障害年金。

2020/11/24

公開審理と上尾でのセミナー。

Pocket

コロナ渦で、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

コロナウイルスがあっても公開審理は待ってくれませんので、
先月、今月と厚生労働省に行ってきました。

kouroushou

少しピリついているのかな、と思っていましたが、
特段、変化はありませんでした。検温とかもないし。

公開審理が行われる審理室の横には待合室があります。

受付後、再審査請求人と代理人はここで待つことになるのですが、
大体、知っている顔(社労士)がいます。
先日行った時も、福岡、埼玉の社労士さんがいました。
といっても他の方もいますので、軽く会釈や挨拶程度を交わすくらいです。

最近だと勉強会もオンラインで参加するようにしています。

ボクは今でも障害年金の勉強会に行ってますが、
メンバーが少人数、実戦経験が豊富な人
(社労士向けの講師をしてお金を取れる人)ばかりなので、
実際は勉強というより研究に近いです。

困難な事例を持ち合って、どんな請求をするか、
どんな主張の可能性があるかを検討しています。

オンライン参加の利点もあって、ボクは事務所で参加しているので、
過去にこんな請求があったなあと思うと、すぐに資料を見返せる、
ということに気付きました。

あと、10月末にてんとうむし上尾でセミナーをしました。

kochi_sem

9月は当社の社労士鈴木が行って障害年金の話をしています。

いろいろ考えた結果、今回のテーマは「求人票を読む」にしました。
ちょっと堅い話が多くなってしまって
(昼過ぎということもあり眠気を誘ってしまい)反省しています。

Pocket

カテゴリー: 就労支援。, 障害年金。

2020/07/03

近況報告。

Pocket

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
基本、ブログはコチラで書いていることが多いので、
もしよかったらご覧ください。

新型コロナウィルス感染症もなかなか終息しませんね。
ウィルス自体がなくなることはないでしょうから、
生活を変えなければならないですね。

とはいえ、なかなか難しいものです。

最近の障害年金業務

昨日は、参加している不服申立研究会の会合がありました。

障害年金業務を始めたころから、今11年目になりますが、
今でも障害年金の研究会には引き続いて参加しています。

ちなみに、ウチの社員社労士も「まだ坂田にはかなわない」と
言うのですが、そりゃそうです。
ボクはちゃんと勉強を続けているからです・・・。

これって結構継続するのは難しくて、
どうしても実務がある程度できるようになると、
こういういわゆる「仕入れ」をサボりがちです。
ある程度のことはできてしまうからです。

また、新しいこと(業務)を考えよう、というときや、
壁にぶち当たった時にセミナー参加を考える人も多いと思います。

ボクはあまりそういった「仕入れ」はしていなくて、
恒常的に存在する研究会に参加する派です。
まさしく継続は力なり、です。

今回はリアル出席の方もいましたが、ボクはオンラインで出席しました。

ちなみにどんな会合かというと、難解な案件をもちよって、
どのような主張がいいか、皆で切り口を探る、という実務寄りな研究会です。
最近の認定の傾向が掴めて、とても良いです。

ボクはもう一つ、障害年金の研究会に所属しているのですが、
そちらはどちらかというと制度の問題点や法律上の問題点を考える、
という研究寄りの会でして、そっちは幽霊会員と化してます。

障害福祉サービス事業所について

てんとうむし上尾の方は、今年4月から就労継続支援B型事業所となりました。
B型は就労移行支援と違って、2年という縛りがありません。
(就労移行支援は原則、2年までしか使えません)

ひらたく言うと、B型にはずっといることもできるのですが、
可能な方については障がい者雇用での就労やA型などへの
就職をしてもらった方が健全だと思っています。

実際、開拓した就職先を受験中の方もいるので、
それが決まるといいなあ!と思っているところです。

もちろん就職が難しい方には、できるだけ居心地よく過ごせて、
しっかり工賃を支払える(←重要)な事業所にしていきたいです。
定員20人ですが、今もう20人を超えてきていて、
なんとか事業所としても回りだした感じです。

障害年金の面談状況

障害年金の面談は、一時期自粛していたのですが、
最近は少しずつ始めています。

ネットからのお問い合わせももちろんあるのですが、
最近は自治体の相談支援センター等からの紹介が多いです。

障害年金には手続きが重すぎたり、難解なところがあって、
困っているのが見受けられます。
最近では群馬県のセンターさん経由でご自宅訪問してお話ししました。

ただ、感染予防のため、車移動できるところで行っている感じです。
都内に電車で、というのはまだ控えています。すみません。
遠方でも車移動しやすいところでしたら行けますので、ご連絡ください。
一応、オンラインでの面談も可能です。

Pocket