2019/03/13

審査請求と再審査請求の結果。

Pocket

↓良い時もあれば。

先月また今月の頭のこととなりますが、
関東信越厚生局から審査請求、
社会保険審査会から再審査請求の結果が送達されました。

2件とも処分取消でした。
請求者側に受給が認められることとなります。

この封を開けるときが一番ドキドキする瞬間です。
取消となれば事務所内で歓声が響き、
棄却だとボクは終日ブツブツ言っています。
この気持ちがなくなったときは障害年金辞めるときですね。

もちろん、今回は良かったのですが、
結果が良いものばかりではないのです。

審査請求は、はっきり言ってほとんど棄却です。
なにせ統計上、関東信越厚生局による処分取消の決定は、
例年2%ほどしかありません。

それでも今回のように毎年、取消は受けています。
今年度は2件目ですかね。
去年の統計では2000件中58件しかないので、
今年2件取消というのは良い方だと思います。

ただ、再審査請求になるともう少し上がってきます。
ウチが受けた直近の10件を見ると、
5件容認裁決、5件棄却でちょうど5割です。

行政不服審査法の改正により、審査請求後は、
再審査請求に進むか訴訟を起こすか選べるようになりました。

ただ、ほとんどの人にとって訴訟というのはハードルが高く、
社会保険審査制度が迅速な救済のための制度ということを考えると、
審査請求後にいきなり訴訟というのは理にかなっていない気がします。

Pocket

カテゴリー: 障害年金。

2019/03/01

名古屋支社、福島支社の今後について。

Pocket

↓また頑張ります。

先日は西武文理中学校の職業研究会でお話してきました。

「職業」のこと、「はたらく」ということについて話をして欲しい、
というオーダーですが、社会保険労務士という職業を
知っている中学生はまずいませんので、かえって話しやすいですね。

今年で4年目なんですが、また機会があったら行きたいと思います。

さて、タイトルの通りなのですが、結論から申し上げますと、
名古屋支社と福島支社については3月末をもって
閉鎖することといたしました。

理由は・・・仲間割れ。。。

ではなくて笑
社員社労士2名の出産です。

ボクらも社会保険労務士、そしてここは社会保険労務士法人ですから、
働きやすい職場にしたい!多少な働き方を実現したい!
常日頃から思っております。本当です。

しかし、このような事実上の業務縮小(でもないんですが)は、
大変残念ですし、責任も感じるところです。
少しその辺りを書いてみたいと思います。

まず福島についてですが、社員社労士である鈴木留美は、
以前から自身のブログでも子育て状況を報告しておりました。
自身でも書いておりましたが、諸般の事情で大変であったようです。
(ブログを見てみてください)

ボクらも「ワンオペ子育て」をしながらの復帰という状況を鑑み、
できる限り勤務を軽減して100%在宅での業務、
東北からのお問い合わせメールと面談対応というのを中心に
業務を行ってもらっておりました。

ただ、このたび継続が難しく、社員社労士を退任したい、
という申し出があり、3月をもって退任することとなりました。

当社としても、これ以上は軽減しようがない、
というところまで軽減したつもりではおります。

ただ、それでもママ社労士として活躍するという夢というか、
目標を見せてあげられなかったのではないか、という思いがあります。
福島で一人孤独にしてしまったのではないか、と思います。

それを今更ながら、申し訳なく思っております。

障害年金が本当に好きな彼女ですから、またいつか、
自身で独立するなり、他事務所に入るなり、何でも良いので
障害年金業務に戻ってきて欲しいです

名古屋支社についてはですね・・・
実は9人しかいない大変狭き当社内で「社内結婚」
という大イベントが生じました笑

いや、経営者としては笑い事ではないんです。
でも笑うしかありません。めでたいし。
ということで名古屋の社員社労士の鈴木が結婚いたしました。

当社には、男性はワタクシともう一人しかおりませんので、
自動的にお相手は「もう一人」の方となるのですが、
ひとつ問題が生じました。

それは彼が埼玉勤務であることです。。。

そして間もなく鈴木は出産を控えておりまして、産休に入る予定です。
いろいろ考えましたが、名古屋についても
閉めざるを得ないという結論に至りました。

これら一連の話を顧問先の皆様に申し上げますと、
「アハハハ!ウチもだけど先生のとこも大変だね!」
とある意味、鉄板ネタと化しております。

ええ、、、本当に、なんというか、悩み深いです。

ちなみに鈴木については退任せず、
埼玉に転籍して法人の社員社労士に留まります。
(ほら、仲間割れじゃないでしょ笑)

社労士法人的な側面からしますと、社員社労士を名古屋に入れ、
支社を存続するという選択肢もありました。
(社員社労士とは一般企業でいう「役員」です。
 支社には一人以上社員社労士が常駐する必要があります)

ただ、当社としては就労移行支援事業所を設置するなどの
新しいチャレンジをしている最中ですので、
経営的なリスクが大きいと判断した次第です。

そんなポコポコ出したり閉めたりするんじゃない!
という皆さまのお叱りも当然あろうかと思います。

ただ、ボクらは障害年金という業務を真摯にとらえて、
地方ではその地域の社労士が求められることもあると思っています。
そして障害年金というマイナーな制度においては特に、
地方との情報格差を感じてきました。

その是正のためにも、支社がその地域にあることが
社会に役立つと考えておりました。

支社は閉めることとなりますが、
今後も障害年金と真摯に向き合うという姿勢は変わりません。

ひっそり閉めて黙っている、という方法もあったのですが、
どうも性に合いませんのでこの場でご報告させていただきました。

閉鎖に伴いまして大変ご迷惑をおかけいたしますが、
更なるご指導、ご鞭撻またご容赦の程、お願い申し上げます。

Pocket

カテゴリー: お知らせ

2019/02/22

川越市立特別支援学校に行ってきました!

Pocket

↓ペンキ塗りはばっちりです。

さて、2月もあっという間に過ぎ去ろうしており、
花粉と共に春が迫ってきていますね。
皆さま、鼻の調子はいかがでしょうか。ボクはちょっとキテます。

20日の日に、川越市立川越特別支援学校の
3年生向け進路講演会で障害年金の講演をしてきました。
生徒さんへの講演、保護者の方向けの講演と2本立てです。
今年で3年目になります。

過去に都立武蔵台学園、埼玉県立川越特別支援学校でお話をしました。
不思議と、地元さいたま市ではまだやったことがありません!
ぜひ、さいたま市の特支さんからのオファーをお待ちしております笑
(ちなみに、こちらはボランティアとして行っている講演です)

昨日は上尾市主催の相談支援事業所説明会があり、
てんとうむし上尾として出席してきました。
相談支援事業所の課題を感じる場となりました。。。

てんとうむし上尾の開所もあって、
すごーくバタバタしていたんですが、
少し落ち着きを取り戻しつつあります。

実はボクは3月開業組でして、間もなく開業から丸9年が経ち、
社会保険労務士としては10年目に突入します。
障害年金も同じ期間やっていまして、この10年だけ見ても
いろんな改正があったなあ、と改めて思います。

障害年金については最近考えていることもありまして、
10年目に入ることもありますから、
事務所のサイトで少し書いていきたいなと思っています。

今週末は西武文理中学校さんの、職業研究会でお話してきます。

Pocket

カテゴリー: 就労支援。, 障害年金。